心理カウンセリング療法と料金

青年のつまづき Ⅱについて

ccc青年期は、自分はどこからどこへ行くのか、仕事はどんな仕事をするのか、過去の自分と未来の自分の姿のギャップに苦しむことにもなり、悩みは深いものになります。

もう、親に甘えていられない。

自分の足で立たなければとの決意をします。

しかし、時には弱気になって、くじけそうにもなります。

理想を持ち、こうありたい自分に向かって行くことになります。

しかし、自我が確かなものになっていないと、神経症や、孤独感のため統合失調症などに陥る危険があります。

周囲のあたたかい見守りの中でやっていければいいのですが、青年期は、この周囲を嫌い、独りでやっていこうとするものです。

ですから、メンタルな危機というのは、この時期、特に顕著に現れやすいのです。

幼いころからいい子だった人が、親を無視して、突っ走っていくのもこの時期に相当します。

青年期は難しい時期といえるでしょう。

筆者 心理カウンセラー pinky

memo : repeat00 1-17  42

ccc青年期は、自分はどこからどこへ行くのか、仕事はどんな仕事をするのか、過去の自分と未来の自分の姿のギャップに苦しむことにもなり、悩みは深いものになります。

もう、親に甘えていられない。

自分の足で立たなければとの決意をします。

しかし、時には弱気になって、くじけそうにもなります。

理想を持ち、こうありたい自分に向かって行くことになります。

しかし、自我が確かなものになっていないと、神経症や、孤独感のため統合失調症などに陥る危険があります。

周囲のあたたかい見守りの中でやっていければいいのですが、青年期は、この周囲を嫌い、独りでやっていこうとするものです。

ですから、メンタルな危機というのは、この時期、特に顕著に現れやすいのです。

幼いころからいい子だった人が、親を無視して、突っ走っていくのもこの時期に相当します。

青年期は難しい時期といえるでしょう。

筆者 心理カウンセラー pinky

memo : repeat00 1-17  42

ccc青年期は、自分はどこからどこへ行くのか、仕事はどんな仕事をするのか、過去の自分と未来の自分の姿のギャップに苦しむことにもなり、悩みは深いものになります。

もう、親に甘えていられない。

自分の足で立たなければとの決意をします。

しかし、時には弱気になって、くじけそうにもなります。

理想を持ち、こうありたい自分に向かって行くことになります。

しかし、自我が確かなものになっていないと、神経症や、孤独感のため統合失調症などに陥る危険があります。

周囲のあたたかい見守りの中でやっていければいいのですが、青年期は、この周囲を嫌い、独りでやっていこうとするものです。

ですから、メンタルな危機というのは、この時期、特に顕著に現れやすいのです。

幼いころからいい子だった人が、親を無視して、突っ走っていくのもこの時期に相当します。

青年期は難しい時期といえるでしょう。

筆者 心理カウンセラー pinky

memo : repeat00 1-17  42

ccc青年期は、自分はどこからどこへ行くのか、仕事はどんな仕事をするのか、過去の自分と未来の自分の姿のギャップに苦しむことにもなり、悩みは深いものになります。

もう、親に甘えていられない。

自分の足で立たなければとの決意をします。

しかし、時には弱気になって、くじけそうにもなります。

理想を持ち、こうありたい自分に向かって行くことになります。

しかし、自我が確かなものになっていないと、神経症や、孤独感のため統合失調症などに陥る危険があります。

周囲のあたたかい見守りの中でやっていければいいのですが、青年期は、この周囲を嫌い、独りでやっていこうとするものです。

ですから、メンタルな危機というのは、この時期、特に顕著に現れやすいのです。

幼いころからいい子だった人が、親を無視して、突っ走っていくのもこの時期に相当します。

青年期は難しい時期といえるでしょう。

筆者 心理カウンセラー pinky

memo : repeat00 1-17  42

ccc青年期は、自分はどこからどこへ行くのか、仕事はどんな仕事をするのか、過去の自分と未来の自分の姿のギャップに苦しむことにもなり、悩みは深いものになります。

もう、親に甘えていられない。

自分の足で立たなければとの決意をします。

しかし、時には弱気になって、くじけそうにもなります。

理想を持ち、こうありたい自分に向かって行くことになります。

しかし、自我が確かなものになっていないと、神経症や、孤独感のため統合失調症などに陥る危険があります。

周囲のあたたかい見守りの中でやっていければいいのですが、青年期は、この周囲を嫌い、独りでやっていこうとするものです。

ですから、メンタルな危機というのは、この時期、特に顕著に現れやすいのです。

幼いころからいい子だった人が、親を無視して、突っ走っていくのもこの時期に相当します。

青年期は難しい時期といえるでしょう。

筆者 心理カウンセラー pinky

memo : repeat00 1-17  42

関連記事

  1. 心理カウンセリング療法と料金
PAGE TOP