心理カウンセリング療法と料金

離人症性障害の特徴

離人症性障害では、持続的にあるいは反復的に、自分の体や精神機能から遊離している感覚があり、自分の人生を外側から観察しているように感じます。

一時的に自己から遊離する感覚(離人感)は不安や抑うつに次いで3番目によくみられる精神症状です。

この感覚がしばしば起きるのは、生命にかかわる危険を経験したり、特定の薬物(マリファナ、幻覚剤、ケタミン、エクスタシーなど)を服用したり、とても疲れたり、あるいは睡眠や感覚刺激が奪われたりした後です(集中治療室の滞在中に生じることもあります)。

離人症性障害は人口の薬2%に発症します。

自分の体、精神、感情、あるいは感覚から遊離している感じがします。

患者は自動制御されているような非現実的な感覚があり、夢の中のどこか別の場所にいて現実世界から遊離しているようだと訴えることがあります。

自分自身を「生ける屍」と表現することがあります。

ほとんどの場合、症状は著しい不快感を伴います。

中には訴えがたいと感じる人もいます。

筆者 心理カウンセラー 浦

memo: repeat00 1-45-17

関連記事

  1. 心理カウンセリング療法と料金
  2. 心理カウンセリング療法と料金
PAGE TOP