心理カウンセリング療法と料金

解離性同一障害の特徴

正常解離とはときには誰にでも、記憶、認知、同一性、および意識を統合するのに多少の問題が生じることがあります。

たとえば、ど こかをドライブした後で、そのドライブのことを覚えていないのに気づくことがあります。

個人的な心配事にとらわれていたか、ラジオ番組や同乗者との会話に夢中になっていたか、あるいはちょっと空想にふけっていたために思い出せないような問題は正常解離と呼ばれます。

通常は日常の活動を混乱させることはありません。

解離性障害とは解離性障害のある人は、数分、数時間、ときとしてもっと長期間にわたる一連の活動を完全に忘れることがあります。

自己が体験した中の一定時間(期間)が欠落していることに気づいていることもあります。

このように、解離とは自己の持続性および人生の出来事の記憶を破たんさせるものです。

解離性障害には次のものが含まれます。

 ①記憶の統合(解離性健忘)

 ②自己同一性と記憶が断片化する(解離性とん走または解離性同一性障  害)

 ③自己の経験および知覚が破たんする(離人症性障害)

通常、解離性障害は極度のストレスや心の(トラウマ)が引き金となって発症します。

筆者 心理カウンセラー 浦

memo: repeat00 1-42-12

関連記事

  1. 心理カウンセリング療法と料金
  2. 心理カウンセリング療法と料金
PAGE TOP