心理カウンセリング療法と料金

うつ病 Ⅱについて

うつ病は単一なうつ病でしょうか。

うつ病だけがあるというものから、躁うつ病のうつ病もあります。

ここで注目したいのは躁うつ病のうつです。

始めは、気分が沈む、重い身体、食欲もないといったことから、メンタルクリニックに受診する訳です。

ドクターもこれらの主訴を聞いて、うつ病と診断し、坑うつ薬を処方します。

それを飲むことになります。

なかなか改善されない、もっと悪くなっていくような気分になります。

ところが、急に元気になって、あれやこれやと動き回ります。

じっとしてられなくなり、お金は使い放題、次から次えと頭は巡って夜も眠れなくなります。

躁の状態に入ったのです。

抗うつ薬を飲んでいたのが、炭酸リチュウムという躁うつ病薬を処方され、飲むことになります。

診断も躁うつ病に変わります。

ですから、うつと言っても単純ではないのです。

躁の状態に入るまでに、数年から数十年掛かるひともいます。

筆者 心理カウンセラー 

memo: repeat00 1-30-104

関連記事

  1. 心理カウンセリング療法と料金
  2. 心理カウンセリング療法と料金
  3. 心理カウンセリング療法と料金
  4. 心理カウンセリング療法と料金
  5. 心理カウンセリング療法と料金
  6. 心理カウンセリング療法と料金
PAGE TOP